※教育訓練給付金を受給するには、受講開始の1か月前までに申請手続きを完了する必要があります。ご自身の受給資格の有無、また、受講したい講座が厚生労働大臣の指定を受けているかどうかなど、必ず、事前にハローワークで確認してください。

教育訓練給付金が平成26年10月から大幅に拡充されました!

 働く人の主体的で、中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。

 平成26年10月から、教育訓練給付金は、従来の枠組みを引き継いだ「一般教育訓練の教育訓練給付金」と、拡充された「専門実践教育訓練の教育訓練給付金」の2本立てになりました。

  新しい制度では、厚生労働大臣が専門的・実践的な教育訓練として指定した講座(専門実践教育訓練)を受講した場合に、教育訓練経費の40%(年間上限32万円/最大3年間)の給付を受けることができます。

 さらに、専門実践教育訓練の受講を修了した後、1年以内に資格取得などをし雇用保険の一般被保険者として雇用されると、教育訓練経費の20%相当額が追加して給付されます。

受講費用のうち、最大144万円が支給されます!

 専門実践教育訓練教育訓練給付金の給付額は1年につき受講料の4割、給付上限は32万円となります。

 さらに国家試験に合格し、雇用保険に加入している事業所に就職した場合には、1年につき受講料の2割、上限16万円の給付金が追加支給されます。

 給付期間は、看護学科では3年間になりますので、(32万円+16万円)×3年=144万円となります。

教育訓練支援給付金制度の新設!

 専門実践教育訓練給付制度金を受給される方のうち、45歳未満で、これまで教育訓練給付金を受けたことがない方が失業状態にある場合には、「教育訓練支援給付金」も支給されます。

 教育訓練支援給付金の日額は、離職前の6ヶ月間に支払われた賃金から算出された基本手当日額の50%です。

リンク

厚生労働省「教育訓練給付金制度

友だち追加

お気軽にお問い合わせください。